ツイッターが140文字である理由

毎日ツイッターを見るところから仕事が始まって、ツイッターを見て1日を終えるような生活が続いています。情報収集というより異業種の人とのコミュニケーションの最初の接点として有益だろうとアカウントをとりました。

予想以上に今まで接したことのない人たちのつぶやきがたくさん見れて、とても楽しいと感じています。自分を見つめなおすこともあるほどです。

140文字が一応一区切りになっているツイッターですが、140文字にきれいに収めようとして、どうも抽象的なつぶやきをしている人が自分のTL(time line)には多く見受けられます。持論やその人の格言とも座右の銘とも言えるような内容ですが、ちょっと伝わりにくいんじゃないかなと、思うことがしばしばです。

元々ツイッターが140文字に設定されているのは俳句などのような趣を出すためではなく、携帯電話のSMS(Short Message Service)の文字制限が160文字であることから、ユーザー名を20文字、残りの140文字をテキストに充てたものです。

なのできれいに140文字にまとめ上げることに無理にこだわる必要は無いでしょう。ただ、予め決められた文字数に自分の思ったことなどを表現する練習にはよさそうです。

せっかく無料で表現の場が与えられていますので、持論などをつぶやくにしても、なぜそう思うのか、というところまで踏み込んでつぶやいてもらえたら共感する人ももっと増えるのではないかなと思っています。自分はオヤジギャグばかりつぶやいていて、フォロアーの期待をことごとく裏切っていますが。